東京都足立区の特別養護老人ホーム 足立万葉苑 スペースについて

「信楽焼浴槽」

「信楽焼浴槽」

都市型軽費老人ホームとデイサービスでは、「信楽焼浴槽」を設置しています。

「ユニット玄関」

「ユニット玄関」

10名1単位のユニットには玄関を設置し、日本の伝統的な名称と色で区別し、個を尊重した暮らしが実現できます。

広い居室

広い居室

居室面積は基準よりも広い住環境としています。畳は家庭に近い環境を実現します。

共同生活室とキッチン

共同生活室とキッチン

共同生活室にはキッチンを併設し、苑内での談話と暮らし、ふれあいの場となっています。

地域交流スペース

地域交流スペース

1Fには地域交流スペースを設置し、地域の方達のクラブ活動や交流スペースとして活用されています。

「地域広場」

「地域広場」

憩いの場として足湯、かまどベンチ、マンホールトイレ、防災用井戸を設置しています。災害時には要援護者の受け入れ場所となります。

足立万葉苑スペースの特徴
地域交流スペース

地域住民の方が、最もアクセスしやすく、外部からも様子がわかりやすい敷地南東角に地域交流スペースを設置。平常時は、地域住民のクラブ活動や交流のスペースとしてご使用いただけます。

地域広場

地域の憩いの場として足湯を設けるとともに、かまどベンチやマンホールトイレ、防災用井戸を設け災害時の要援護者の受け入れ場所となります。

ユニット玄関

全室個室の10名1単位のユニット型の形態を取り、各ユニット名には日本の伝統を感じるユニークな名称と色で区別されています。それぞれのユニットには玄関も設けています。

ユニット居室

全室個室のユニット居室。居室の床と廊下の床には「畳」を使用し、家庭に近い落ち着ける環境を目指しています。畳は転倒時のリスク軽減にも効果を発揮します。

共同生活室

ユニットごとに共同生活室とキッチンを設けいています。テレビを見たり談話を楽しみながら食事ができるので、苑内の生活が充実する場でもあります。

個浴

特別養護老人ホームでのお風呂は温泉気分を楽しめる「檜浴槽」を、都市型軽費老人ホームとデイサービスでは「信楽焼浴槽」を設置しております。

© adachimanyouen All Rights Reserved.

優良防火対象物認定証