東京都足立区の特別養護老人ホーム 足立万葉苑 ショートステイご利用料金

短期入所生活介護

(ショートステイ)

ショートステイサービスコード表

事業所番号:1372110237

併設型ユニット型短期入所生活介護費(Ⅰ)

算定項目

サービスコード

21

2411

2421

21

2431

21

2441

21

2451

21

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

959

892

824

751

684

単位数

21

6109

21

若年性認知症利用者受入加算

※対象者のみ

120

6108

21

介護職員処遇改善加算(Ⅰ)

1月につき所定単位数の59/1000加算

6137

21

短期入所生活看護体制加算(Ⅳ イ)

23

6119

21

夜間職員配置加算(Ⅱ)

18

9200

介護送迎加算

※送迎を行う場合

片道につき184

21

6275

療養食加算

※対象者のみ

1回につき8単位

(1日に3回を限度)

6100

21

サービス提供強化加算(Ⅰ)イ

18

6111

21

介護職員等特定処遇加算加算(Ⅰ)

1月につき所定単位数の27/1000加算

※ 1日についての単位となります。

併設型ユニット型介護予防短期入所生活介護費(Ⅰ)

24

2421

要支援2

638

24

2411

要支援1

514

サービスコード

算定項目

単位数

24

6107

1回につき8単位

(1日に3回を限度)

24

6275

若年性認知症利用者受入加算

※対象者のみ

120

24

6109

1月につき所定単位数の

83/1000加算

療養食加算

※対象者のみ

介護職員処遇改善加算(Ⅰ)

24

9200

介護送迎加算

※送迎を行う場合

片道につき184

6100

24

サービス提供強化加算(Ⅰ)イ

18

6111

24

介護職員等特定処遇加算加算(Ⅰ)

1月につき所定単位数の27/1000加算

※ 1日についての単位となります。

特別養護老人ホーム足立万葉苑  令和元年10月1日〜

指定短期入所生活介護 利用料金表
1. 基本利用料(ユニット型個室介護サービス費)

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

介護度

10,644円

9,901円

9,146円

8,336円

7,592

利用料金(介護報酬額)

自己負担額

760

834円

915円

991円

1,065円

※ 料金は1日あたりとなります。

2. 主な加算料金(1日につき)

加算項目

利用料金

内容説明

自己負担額

199

夜勤職員配置加算(Ⅱ)

夜勤を行う介護・介護職員の数が基準+1以上である場合

20

255円

看護体制加算(Ⅳ イ)

基準を上回る看護職員を配置している場合

26

199

サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ

介護職員総数のうち介護福祉士が60%以上の場合

20

※ 料金は1日あたりとなります。

 3. 加算料金(該当される方のみ)

内容説明

居宅→事業所間の送迎を行う場合

医師の指示等に基づく療養食を提供した場合

(1日つき3回限度)

自己負担額

205

9円

利用料金

2,042

88円

加算項目

送迎加算(片道分)

療養食加算

若年性認知症入所者受入加算

1,332円

134円

若年性認知症利用者を受け入れ、個別の担当者を定め当該利用者の特性やニーズに応じたサービスを提供した場合

※ 料金は1日あたりとなります。

 4. その他加算料金

※介護職員処遇改善加算(Ⅰ)

基本料金と加算料金合計金額に8.3%を乗じた額を加算

​※介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)

​基本料金と加算料金合計額に2.7%を乗じた額を加算

◎上記1〜4に記した基本料金、加算料金、その他加算料金は端数処理のため多少金額が変動します。

 5. 介護保険給付対象外サービス

加算項目

通常の実施地域を越える交通費

喫茶

日用品等

理美容サービス

教養娯楽

健康管理

証明書発行費

文書作成

診断書

公文書など各種証明書

インフルエンザ予防接種にかかる費用

希望により参加されるクラブ活動や行事の材料費等

理美容師の出張によりカットのサービスを受けられた方

日常生活用品のうち、ご利用者の希望により提供し負担していただくことが適当であるもの

嗜好品、飲み物等を提供した場合

事業所から、通常の実施地域(足立区)を超える送迎

内容

死亡診断書

実費

200円/1枚

実費

実費

実費

実費

実費

(片道)1,000円

自己負担額

※ その他個別にご希望されたサービスについては、その都度実費をいただきます。

 6. 滞在費・食費について
滞在費

1日 2,100円

第4段階

区民税課税世帯

1日 1,310円

第3段階

区民税非課税者等

1日 820円

第2段階

1日 820円

第1段階

生活保護・老齢福祉年金

食費

1日 1,500円

第4段階

1日 390円

第2段階

1日 650円

第3段階

第1段階

1日 300円

区民税課税世帯

区民税非課税者等

生活保護・老齢福祉年金

食費については、1食あたり朝食400円、昼食600円、夕食500円となっており上表の第4段階の方で1,500円となります。なお第1〜第3段階に該当される方は、上表の食費の金額が上限です。

介護予防短期入所生活介護 利用料金表

特別養護老人ホーム足立万葉苑  令和元年10月1日〜

1. 基本利用料(併設ユニット型予防短期入所生活介護費)

709円

7,081円

要支援2

要支援1

5,705

571

介護度

利用料金(介護報酬額)

自己負担額

※ 料金は1日あたりとなります。

※ 区分支給限度基準額を超えた場合は、全額自己負担となります。

2. 主な加算料金(1日につき)

介護職員総数のうち介護福祉士が60%以上の場合

20円

199円

サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ

内容説明

自己負担額

利用料金

加算項目

※ 料金は1日あたりとなります。

3. 加算料金(該当される方のみ)

医師の指示等に基づく療養食を提供した場合

(1日につき3回を限度)

88円

療養食加算

居宅→事業所間の送迎を行う場合

205

2,042

送迎加算(片道分)

内容説明

自己負担額

利用料金

加算項目

9円

若年性認知症利用者を受け入れ、個別の担当者を定め当該利用者の特性やニーズに応じたサービスを提供した場合

134円

1,332円

若年性認知症入所者受入加算

※ 料金は1日あたりとなります。

 4. その他加算料金

※介護職員処遇改善加算(Ⅰ)

基本料金と加算料金合計金額に8.3%を乗じた額を加算

​※介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)

​基本料金と加算料金合計額に2.7%を乗じた額を加算

◎上記1〜4に記した基本料金、加算料金、その他加算料金は端数処理のため多少金額が変動します。

 5. 介護保険給付対象外サービス

実費

200円/1枚

実費

実費

実費

実費

実費

(片道)1,000円

自己負担額

死亡診断書

診断書

公文書など各種証明書

インフルエンザ予防接種にかかる費用

希望により参加されるクラブ活動や行事の材料費等

理美容師の出張によりカットのサービスを受けられた方

日常生活用品のうち、ご利用者の希望により提供し負担していただくことが適当であるもの

嗜好品、飲み物等を提供した場合

事業所から、通常の実施地域(足立区)を超える送迎

内容

文書作成

証明書発行費

健康管理

教養娯楽

理美容サービス

日用品等

喫茶

通常の実施地域を越える交通費

加算項目

※ その他個別にご希望されたサービスについては、その都度実費をいただきます。

 6. 滞在費・食費について
滞在費

1日 820円

第1段階

生活保護・老齢福祉年金

1日 820円

第2段階

1日 1,310円

第3段階

区民税非課税者等

1日 2,100円

第4段階

区民税課税世帯

食費

1日 300円

第1段階

第2段階

1日 390円

第3段階

1日 650円

1日 1,500円

第4段階

区民税課税世帯

区民税非課税者等

生活保護・老齢福祉年金

食費については、1食あたり朝食400円、昼食600円、夕食500円となっており上表の第4段階の方で1,500円となります。なお第1〜第3段階に該当される方は、上表の食費の金額が上限です。

短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護共通

【該当条件】

※第4段階
区民税課税者世帯の方
※第3段階
世帯員全員が区民税非課税で、合計所得金額と課税年金収入額の年間合計額が80万円を超える方
(注)基本月額が24,600円を超える場合は、その超えた分は保険給付申請で給付されます。
※第2段階
世帯員全員が区民税非課税で、合計所得金額と課税年金収入額の年間合計額が80万円以下の方
(注)基本月額が24,600円を超える場合は、その超えた分は保険給付申請で給付されます。
※第1段階
生活保護受給者の方
(注)生活保護受給者の基本額が月額15,000円を超える場合は、その超えた分は保険給付申請で給付されます。
世帯全員が区民税非課税で、老齢福祉年金受給者の方
(注)基本額が月額、個人で15,000円、世帯で24,600円を超える場合は、その超えた分は保険給付申請で給付されます。

◎第1段階から第3段階の軽減を受けられる方は、「介護保険負担限度額認定証」の申請が必要になります。

© adachimanyouen All Rights Reserved.

優良防火対象物認定証